EDI(Electronic Data Interchange)とは、電子データ交換の略語であり、ビジネスプロセスの効率向上を図るために用いられる技術です。<br />EDIは、従来の紙ベースの文書交換を電子的な方法で実現し、企業間のデータの自動的で効率的なやり取りを可能にします。</p>
<p>EDIの主な目的は、異なるビジネスパートナー間での取引データを標準化し、手動でのデータ入力や文書のやり取りにかかる時間や誤りを削減することです。<br />これにより、注文、請求書、出荷通知などのビジネス文書が電子的にやり取りされ、効率的かつ正確な情報の共有が実現されます。</p>
<p>EDIはさまざまな業界で利用され、特に大規模で複雑なサプライチェーンや取引ネットワークにおいて、効果的なデータ管理手段として導入されています。<br />企業はEDIを通じて迅速かつ安全に情報をやり取りし、ビジネスプロセスのスムーズな運営を支援することができます。