IT用語集

バックアップ

バックアップとは、情報が壊れた際に壊れた情報と取り替えるため、元の情報を事前に複製して保存する手法を指します。 企業においては、情報を一定の間隔で複製して保管するケースが一般的です。バックアップのタイミングは通常、深夜などの利用時間外に設定して自動的に行われるようにします。 一般的に、長期間保管する必要がある場合、バックアップするだけでなく複製することもありますが、こうした場合では「データアーカイブ」といいバックアップとは区別されることがあります。