SDGsへの取り組み


TCSは、マネージドサービスカンパニーとして、
「最も安心してITインフラを任せられる企業」であることで、
社会や経済の発展に貢献していきます。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2015年9月の国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
アジェンダに記載された、人と地球の良い未来を実現するための2030年までに解決すべき17の目標が SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)です。


TCSの基本的な考え方

TCSは、マネージドサービスカンパニーとして、 「最も安心してITインフラを任せられる企業」であることが、 社会や経済の発展に貢献すると考えています。
こうした考え方に基づき、SDGs達成に向けた取り組みにおいては、 TCSマネージドサービスを前提に課題として設定した 「産業と技術革新の基盤をつくろう」「つくる責任つかう責任」 「パートナーシップで目標を達成しよう」に加え、事業を支える人財の能力開発、ダイバーシティ&インクルージョンや 働き方改革推進、コンプライアンス遵守の取り組みなどを行い、 TCSマネージドサービスを通じて、 SDGsが対象としている社会課題の解決に積極的に取り組みます。


1.安心して任せられるITサービスの提供

価値創造お客様のSDGsに貢献できるTCSマネージドサービスを提供する。
品質向上安心して任せられる品質である。
パートナーアライアンス最適な設備や環境、サービスの提供をパートナーと協働し実現する。

2.幸福度の高い人財の創出

能力開発能力開発の場と機会を提供し、利用しやすい環境を整える。
ダイバーシティ&インクルージョンそれぞれの多様性を受け入れ、意欲や能力が発揮できる環境を整える。
働き方改革推進それぞれの働き方を尊重し、働きやすい環境を整える。

3.企業価値をあげる基盤づくり

コンプライアンスの遵守社会的責任を果たすために、社会的ルールに従った企業活動を行う。

お問い合わせ

ページの先頭へ