スマートファクトリー

スマートファクトリー(Smart Factory)とは?

スマートファクトリー(Smart Factory)とは、ドイツ政府が提唱するインダストリー4.0を具現化した形の先進的な工場のことを指します。

センサーや設備を含めた工場内のあらゆる機器をインターネットに接続(IoT:Internet of Things)し、品質・状態などの様々な情報を「見える化」し、情報間の「因果関係の明確化」を実現し、設備同士(M2M:Machine to Machine)ないし設備と人が協調して動作する(Cyber-Physical System)ことにより実現します。
日本の経済産業省は、インダストリー4.0を受けて、「コネクテッド・インダストリーズ」を提唱しました。
このコネクテッド・インダストリーズも最新のICTを活用し、生産現場の効率化を目指します。

自動車部品サプライヤーのスマートファクトリー取組状況や活用事例は?

自動車部品メーカーのスマートファクトリー取組状況は様々です。

  • コンソーシアムや各団体のワーキンググループに参加し、実証実験を行っている企業
  • 構想段階で情報収集中の企業
  • 「とにかくやってみる!」で、自社で抱えている課題に対し、解決手段として既に活用されている企業

会社の規模とは関係なく、新しい技術に可能性を感じアイディア次第で自社のビジネスに革命を起こせると考えている企業が積極的に活動されています。

情報の共有

設備の稼働監視状況を現場以外の場所で複数人がタブレット・スマートフォンより把握する。

リアルタイム

生産実績、生産現場の状況をリアルタイムに把握することで、迅速な対応が可能になる。

品質管理

生産指示と生産実績を紐づけしトレーサビリティの強化を図り品質強化を実現する。

TCSがお勧めする「スモールスタートで新しい価値を実感する」

製造ラインの生産状況の可視化/Factory Conductor

製造ラインのデータを収集し、状況を分析。 作業分配の適正化、不具合の未然対応で生産性を向上させます。

Factory Conductorは、日本ノーベル株式会社の登録商標です。

Factory Conductorの特徴

製造の進捗状況、品質データや履歴情報をリモートかつリアルタイムで管理する製造実行システム(MES:Manufacturing Execution System)です。

  1. データ収集の省力化
  2. 製造実績データの見える化
  3. トレーサビリティ
  4. どこでも/どこからでも
  5. 事前の作業指示 
  6. データの蓄積 

Factory Conductor詳細はこちらから外部サイトへ外部サイトへ

基盤と運用管理はTCSマネージドサービスにお任せください

自動車部品サプライヤーのスマートファクトリー(Smart Factory)化をお勧めソリューションと必要なITインフラや基盤の構築、日々の運用から保守までオールインワンでご提供いたします。

例えば。。

・現場の状況を把握するセンサーやハンディーターミナル、タブレットなどの情報収集端末
・情報収集の基盤となるセキュリティと利便性のバランスを取ったネットワーク基盤
・収集した情報を処理するためのソフトウェア稼働基盤
・大量データを保管するストレージ・バックアップ基盤
・大量データを活用し予測分析モデル作りと稼働基盤

クラウドでもオンプレミスでもお客様にマッチしたインフラ基盤と、TCSマネージドサービスがヘルプデスクや運用監視サービスなど、日々の運用もワンストップでご支援させていただきます!



お問い合わせ

ページの先頭へ