IT資産管理:SKYSEA Client View

テレワーク環境に合わせたセキュリティ対策
SKYSEA Client Viewは
セキュリティ強化・テレワーク支援します

SKYSEA Client Viewとは?

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い急な導入が求められることとなったテレワーク。
従業員の健康や命を守ることが一番である以上さまざまなルール整備を後回しにし導入 を優先されたお客様も多いかと思います。
テレワークを狙ったサイバー攻撃が増加している今テレワーク端末のセキュリティ対策は無視できません。
SEYSEA Client Viewではテレワーク環境に合わせたセキュリティ対策を支援します。

デバイスへの書き込みを制限し情報漏洩リスクを軽減

USBメモリなどのデバイスへのデータ書き込みを一括で制限し、テレワーク時の外部記憶媒体の使用を禁止できます。
さらに、PC上での画面キャプチャーを禁止設定することで、画像ファイルとして機密情報を持ち出しも防止できます。

テレワークの業務状況をリアルタイムで把握

ファイルの取り扱いやアプリケーションの起動、Webサイトへのアクセスなど、PCの操作をログとして記録します。
そのログを基に、状況を見える化する「レポート機能」でどのような業務に時間がかかっていたのか、テレワーク中の従業員ごとの業務状況の把握を支援します。

テレワークでのセキュリティ対策にも取り組める

マルウェア感染などのセキュリティリスクを軽減するためにも、OSの脆弱性対策として更新プログラムは速やかに適用しなければいけません。
テレワーク中の従業員のPCを含むすべてのPCの更新状況を一覧で表示し、ひと目で把握できます。適用が遅れているPCへは、管理機からリモートで最新の更新プログラムを配布・適用させることも可能です。

SKYSEA Client Viewが選ばれる理由・特長

直観的に使いやすい管理画面
大きなアイコンや機能ガイドで、目的の機能がひと目でわかるように管理画面を構成。
また、複数台のマスターサーバーで運用する場合でも、サーバーを連動して検索したり、リストア(復元)せずに過去の操作ログが閲覧・利用できるなど、「使いやすさ」にこだわった設計を大切にしています。

毎年バージョンアップ
常に改善を図るため、SKYSEA Client Viewは発売以来、毎年定期的なバージョンアップを重ねています。
IT環境の変化にいち早く対応し、さらに使いやすい商品を目指して、今後もバージョンアップ・進化を続けます。

機器の一元管理
クライアントPCをはじめ、サーバ、ソフトウェア、ネットワーク機器など、情報システム部門が管理する機器を1つのツールで管理することで効率的な管理を実現します。

主な機能

資産管理

日々変動する資産情報を自動収集、IT資産運用の最適化を支援

ログ監視

日々のPCの挙動をログとして管理、情報漏洩リスクの早期発見などに活躍

セキュリティ管理

ユーザーの情報セキュリティ意識向上、社内ポリシーに沿って不適切な操作を制限を実現

デバイス管理

デバイス、メディアの適正管理で、個人/機密情報の漏洩防止を支援

サーバー監査

重要データが集まるサーバーのアクセス状況の把握を支援

Windows運用管理

アップデートの更新制御やキャッシュ配布により、計画的なアップデートが可能

TCSの強み

オンプレミスでも、クラウドでも、
お客様のご要望に合った最適なプランをご提供します

ご導入検討時から必要なエディションの選定や機器の用意構築等もすべてお任せいただくことが可能です。
また、SKYESA Client Viewを最小1機能からご提供可能です。
お客様のご要望に合わせた最適なプランをご提供いたします。
1万以上のライセンス販売実績を持つTCSならではの運用サービスもご提供いたします。